FC2ブログ

知りたい議会のこと

今日は小平市の市民奨励学級で開催されている「知りたい議会のこと」という講座に参加した。

今日のテーマは「地方議会の実態 自治体議会の役割と権能」

とてもわかりやすい講義でした。

一番印象に残ったのは・・・

議員の報酬、定数削減は改革ではない。

それより、もっと議員に働いてもらいましょう[E:sign03]

議会で居眠り[E:sleepy]しているような議員がいたら、どんどんブログに書きましょう[E:sign03]

議会は討論する場であり、質問書・答弁書を読むところではありません[E:sign03]

というところ。

今年6月、9月の定例会を傍聴して、まさにうちの市議会はこんな状態だった。

さらに、議会事務局の一員から私はこんな言葉を聞いた・・・

「議会は討論する場ではない。議員から提出された質問書を我々は前もってウラで調整したりするのが大変なんだ。だって当日議員が質問したことに対してわかりませんでは、市民の税金を使ってわざわざ開いている議会の時間がもったいないじゃないか。だからすんなりいくように調整している。議会を混乱させるようなことをしてもらっては困る。」と・・・・

は?

この人何言ってんの?

びっくりしてしまった。

議会には行政側もその道のプロと一応思われている方々が沢山並んでいるのに、

質問されて「わかりません」と答えるの?

前もって質問しないと答えられないほど無知なの? それはその方々に失礼でしょ・・・ だってプロでしょ?

何故、議員に質問書を前もって修正させるの?

議会が長引いたっていいじゃない。だって1年に20日間もないんでしょ?

それなのに、議員は365日間の報酬をもらっているんでしょ?

いいじゃない、もっともっと働いてもらいましょうよ[E:sign03]

議会は討論する場であるのだ[E:sign03]

スポンサーサイト



プロフィール

masa155

Author:masa155
趣味はパソコン。
ボランティアや市政にも関心あり。
近隣小学校のボランティア活動をしたり、議会を傍聴したり…
ちょっと変わった主婦です(^O^)/

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR