FC2ブログ

「震災の体験談と学校・家庭・地域のあり方について」講演会

十三小地区青少対の防災体験講演会に参加しました。
sxxDSC_0362.jpg

この学校の校庭は、な、なんと、芝生ではありませんか!?
わー凄い
それもこれだけ管理が行き届いている芝生の校庭、ステキですね
地域の協力があってこそだと思います。
エコという観点からみても真夏でもここの学校は他校と比べて涼しいのではないでしょうか?!
本当は小平市全部の小学校に東京都の予算で芝生が入ることが決まっていたそうです。それなのに、最近誰かが断ってしまったそうです・・・。そのため、芝生化の話は近隣の市(確か東村山だったかな?)へ変更になってしまったということです。
なんて残念な… 
なぜ断ってしまったのでしょうか? やる気のなさとしか、思えません。


sxxDSC_0347.jpg

講師は昨年の東日本大震災の体験者である文部科学省の長田徹さんです。
長田さんは当時、仙台市の指導主事として震災を体験したそうです。
当時の様子を語ってくださいましたが、あまりにも悲しい出来事にすすり泣く声があちらこちらから聞こえてきました。私も涙をこらえきれませんでした。

sxxDSC_0350.jpg


長田さんによると学校支援に積極的に取り組んでいた学校では、学校と地域との繋がりが強く、結果として避難所運営がスムーズに進んだということです。
日頃から学校と地域の絆を深めていれば、いざという時お互いに顔や名前がわかり、
物事がうまく進むということなんですね。
何度も頷いてしまいました。
うんうん、四小ももっともっと地域との絆を深めていければいいな~

今回の講演会はとても有意義なものでした。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masa155

Author:masa155
趣味はパソコン。
ボランティアや市政にも関心あり。
近隣小学校のボランティア活動をしたり、議会を傍聴したり…
ちょっと変わった主婦です(^O^)/

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR